Doctor and Hospital
このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

生活習慣を変える

きちんとした睡眠をとらず、無理な運動を行っていると妊娠しにくい身体になってしまいます。身体をきちんと労ることが大切です。生活習慣を見なおして無理のない生活を心掛けましょう。

Read More

PICK UP

性格の違い

性格によって妊娠しやすい人としにくい人の特徴に違いがあります。妊娠しにくい人は、神経質で細かいことが気になってしまう性格で、細かいことは気にせずおおらかな人は妊娠しやすいとされているのです。

Read More

食事が大切

妊婦は、赤ちゃんの為にも栄養バランスの取れた食事を行なう必要があります。妊娠中にお酒などを飲んでしまうと赤ちゃんの成長に影響を与えてしまいます。バランスが偏っていないか確認しましょう。

Read More

妊娠するために

なかなか妊娠しないと思ったらすぐに検査を

一般的に、避妊をせず2年経っても妊娠しない事を不妊症といいます。しかし最近は2年ではなく、1年間タイミングをとっているのにも関わらず妊娠しなければ何らかの原因があることも考えられるので一度検査をしてみるのが良いでしょう。なぜならば、夫婦共に不妊原因がない場合に排卵日付近に性交渉を持つと、およそ20%〜30%の確率で妊娠に至ると言われていていて、単純に計算すれば1年間タイミングをとり続ければほとんどの人が妊娠する計算になるからです。不妊治療と聞くとなかなか足が踏み出せない人もいるようですが、まずは検査だけでもいいのです。検査は月経周期に合わせてするもの、いつでも出来るものとありますが、初診では基本的な血液検査やエコーで子宮や卵巣のチェックをすることが多いようです。検査内容によっても値段は違いますが、初期検査では5千円〜2万円くらいと思っておくとよいでしょう。

不妊治療は赤ちゃんを授かる近道になる

一昔前は不妊治療をするのは後ろめたい、恥ずかしいなどの意識があったようですが、今は全くそんな事はありません。結婚の際にブライダルチェックを受け、妊娠出来る状態か検査する人も増えています。晩婚化が進んで、年齢とともに女性はますます妊娠するのが難しくなってきています。特に35歳を過ぎると妊娠率が一気に下がると言われているので、妊娠を意識したらなるべく早く受診するのがいいでしょう。もし年齢が若いうちに何かしらの原因が見つかり不妊治療をすれば、卵子の老化が進んでいない分、早く結果に繋がります。妊娠を妨げている原因があるのに、検査を受けずに自分たちだけで何とか頑張ろうとしても難しい場合もあります。不妊治療を受けようと思った時には年齢がかなり進んでいて、もっと早く検査しておけば良かったと後から後悔しても遅いのです。妊娠出来る期間には限りがあります。もし妊娠に不安がある方はぜひ一度一通り検査をし、積極的に赤ちゃんを待ちましょう。

PICK UP

増加している晩婚

出産するのに適した年齢は、20代から30代前半だとされています。その年齡以上になると、身体の機能も衰え始めるので出産の際に負担が大きいのです。最近は晩婚化の影響で高齢出産のケースが増えています。

Read More